3月23日(月) 今年度 最後の給食

 今日は,今年度最後の給食でした。今日のメニューは,ごはん・牛乳・まつかぜやき・マカロニサラダ(青じそクリーミードレッシング)・なめこ汁でした。松風焼きの「松風」とは,能の「松風」という話に由来しているそうです。昔,平安の時代に在原行平(ありはらのゆきひら)という男性が松風という娘と須磨の浦という場所で恋に落ちたそうです。ところが,行平は都に帰らなくてはならなくなりました。松風は行平がもう帰って来ないと知りながら,須磨の浦の浜辺で一本の松の木を行平だと自分に言い聞かせたそうです。この様子を「松風(待つ風)ばかりで浦さびし」と表現したそうです。一方,この料理ですが,肉のすり身やひき肉に卵などのつなぎと調味料を混ぜて型に入れ,和菓子の「松風」のように上になる面にけしの実やごまなどを散らし,天火などで焼いた料理です。普通,鶏ひき肉で作り,おせちにも用いるそうです。表面がけしの実や青のりで飾ってあるそうでうが,裏(浦)には何もついていなくさみしいものだそうです。なので,裏(浦)がさびしい=「松風」と命名されたそうです。ではどうしてお正月にそんなさびしい料理を食べるのでしょうか?それは「裏が無い」=「かくし事がなく正直な様子」を表すからだそうです。「今年一年,悪いことをせず,真っ直ぐに生きて行きましょう」との思いが込められているそうです。今年度,最後の給食もみんなでおいしくいただきました。1年間,給食ありがとうございました。

    

Translate »
タイトルとURLをコピーしました