木材にけがきをしました


7年生の技術科では、自分で作成した設計図をもとに木工作品を作ります。今日はけがきを行いました。

けがきとは、さしがねを使って、木材に鉛筆で線を引く作業です。

普段使用している定規とは違う形なので、扱いに苦労している様子でしたが、友達と協力し合って作業を進めていました。

オンライン授業では、講義形式の授業が中心でした。こうして実技の授業が再開し、積極的に活動する生徒の姿を見ることができまして嬉しく思います。

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました