9年生家庭科~幼児の発達~


9年生の家庭科では、「幼児の発達」について学習しました。

自分たちが小さい頃にどんな遊びをしていたのかや、兄弟姉妹の様子などを思い浮かべながら、幼児は遊びを通してさまざまな力を身に付けていることを学びました。

自分たちが過去にやっていた「ごっこ遊び」や「ボール遊び」は、言葉や社会性や運動機能を身に付け、発達することに役立っていることを知り、驚いている生徒もいました。

ぜひ、家族との団らん時に、自分はいつ頃、何ができるようになったのかを聞いてみてはどうでしょうか。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました