挨拶の輪、広がっています


茎崎中学校では、月に2度、地域のボランティアの方が、正門や自転車置き場前であいさつ運動を行ってくれています。今朝は、その一人の方から「会釈や挨拶を自然にしている生徒が多くあり感心しました。」という言葉をいただきました。茎崎中学校の職員として、とても嬉しい一言でした。また、生徒が横断歩道を渡る際に、止まってくれた運転手の方に頭を下げお礼の気持ちを伝える姿がありました。ぜひ、これからも進んで相手に伝わる挨拶を続けてほしいと思います。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました