夏季休業日前の全校集会を行いました


7月20日(水)6時間目に夏季休業日前の全校集会を行いました。

校長先生の講話では「酔生夢死」という言葉が紹介されました。「酔生夢死」とは、生きている意味を自覚することなく、ぼんやりと無自覚に一生を送ることという意味の言葉です。この夏休み中も「酔生夢死」という状況にならないよう、1度しかないこの年の夏休みを充実したものにしていこうというお話でした。

また、表彰では、部活動や文化面での活躍のあった生徒の表彰に加え、善行賞として4名の生徒が表彰を受けました。地域のお年寄りや子どもを手助けする行いによって、地域の方からも称賛の言葉が寄せられての受賞です。

さらに、集会の後半は生徒会の運営で、夏休み中の安全面や健康面についてのプレゼンテーションを行いました。生徒たちがまとめた資料を提示しながら、分かりやすく説明することができました。

大変暑い体育館での集会でしたが、真剣な態度で話を聞く生徒たちの姿が印象的でした。42日間の夏休み。今日の集会での学びを生かし、充実したものにしてほしいと思います。

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました