熱い炎にも負けず、杉板を焼きました。

焼いた後は、たわしと雑巾で磨きます。

焼き目をいかしながら、思い思いのデザインで仕上げることができました。