今日は生活科「がっこうにくるみち かえるみち」の学習で,学校周辺の探検に行きました。自分たちの安全を守るための仕組みやきまりには,どんなものがあるかを探しながら,歩きました。標識やガードレールなどに加え,普段見ているはずの電信柱にも反射材が取り付けられていることに気付き,子どもたちは大興奮でした。

途中,公園の木陰で休憩し,水分補給をしました。暑い中でしたが,元気を取り戻した子どもたちは遊具で楽しく遊びました。団地の方々が温かく声をかけてくださったり,挨拶をかえしてくださったりしたことも,子どもたちにとってよい体験となりました。教室で書いた学習カードには,普段の登校ボランティアの方々のありがたさに目を向けながら,「自分たちがたくさんの人や物に守られていることに気付いた。」という声がたくさん挙がっていました。