音色には,二つの読み方があります。

 

ひとつは,「ね・いろ」です。これは,音の感覚的な特性のこと。音の出し方ひとつで,たとえ高さや強さが同じ音でも,聞こえ方に違いがでるそうです。

そして、もうひとつは,「おん・しょく」。これは,その音そのものがもつ感じのことです。

 

さて,2年生が鍵盤ハーモニカを使って,曲の演奏を行っていました。

一人ひとりの出す音は,その人の演奏の仕方によって,様々な音になるのですね。そして,それが一つの曲になったとき。その時に素敵な曲になります。

 

2年生の演奏は,とても心地よく聴こえました。