最近のメディアでは、人を笑いものにしたり、いじったりして面白がるTVなどがあります。

一生懸命な人を笑うこと、人を笑うようなことを言うこと、、、

それは、面白いことなのだろうか。

それは、良いことなのだろうか。

考えてしまうことがあります。

 

さて、昨日のぐんぐんタイム。

昨日のHPでも紹介しました。

どの子も一生懸命です。

笑いなどありません。

それでも、終わった後に、子どもたちは、できたという満足感ややり遂げた充実感を感じていました。

 

一生懸命に取り組むこと。

これほどかっこいいことはないと思います。

子どもたちのがんばりがとてもうれしいですし、この雰囲気を大切に、これからも頑張ってほしいと思います。

とても充実した時間でした。

次回は、来週の月曜日です。