6年生が書写の授業を行いました。

最初に子どもたちにお話したことが、タイトルにもなっている「上手な字を書くのではなく、丁寧な字を書きましょう」ということです。

「ていねいな字」を言い換えると、「心のこもった字」ということです。

 

1時間「ていねいな字」を書くというのは、かなり根気がいりますし、集中力も必要です。

 

6年生のがんばり。。。これからもしっかりサポートしていきたいと思います。