1組は17日、2組は18日に調理実習を行いました。

調理したのは卵とホウレンソウ。

どのグループも計画した手順や分担に従って調理を行っていました。

 

調理したホウレンソウやゆで玉子は、校長先生や教頭先生にも食べて頂きました。

「ゆで加減がちょうどいい!」と褒めてもらえた子どもたちは、とても嬉しそうな様子でした。

自分の思い通りに調理できた子も、そうでない子も、グループの友だちとの会話を楽しみながら、おいしく食べていました。