6年生は自分の考えを「ふせん」に書いていました。

なぜなら,ふせんとふせんを比べることで,自分と友達の考えを比べることが簡単になるからです。

中には,何枚もふせんを書いている子もいました。