児童による読み聞かせ


 

6月17日(木)

朝自習の風景です。今日は5年生の有志の児童が3年生の教室に来て読み聞かせを行ってくれました。タイトルは,『じごくのそうべえ』 桂 米朝の高座で名高い上方落語の「地獄八景亡者戯」(じごくはっけいもうじゃのたわむれ)を題材に,関西弁を駆使して描くスケールの大きな落語絵本です。

年長者が年少者のためにできることをしようという,二小の児童たちの積極的な活動が,学校を活気ある明るい雰囲気にしてくれています。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました