茎崎学園研究発表会⑥~6年算数「比例と反比例」~


11月28日(木)4校時,茎崎学園の研究発表会で,
茎崎二小は1~6年生の全学級で授業を公開しました。
6年生は,算数の学習に取り組みました。「比例と反比例」という単元で,
「きまりを見つけて求め方を説明しよう!」という課題に向かって,
学習を進めていきました。実際には,正方形の紙を階段状に並べていったとき,
10番目では正方形の紙は何枚必要かを考えていきました。
これは比例と反比例でない関係なのですが,表や式,グラフに表すことで,
変化の様子をとらえたり,先の変化を予想したりすることができるものです。
児童たちは,さっそく表や式をかきながら自分で考えた後,
グループになって互いの意見を交流しました。
これから生活の中でいろいろな変化を感じる場面に出会ったときに,
「表をかいてみよう」「どんなきまりがあるかな」という視点で,
見ていくことができたらと思います。


Translate »
タイトルとURLをコピーしました