校庭の花壇も 夏から秋へ バトンタッチ

校庭の花壇と、北門付近に植えてあるコキアが、赤く色づいて、見事です。夏の花壇を飾ってくれていたヒマワリはすでに枯れてしまい、コキアと選手交代です。管理員の先生と配膳員の先生が、ヒマワリを抜いて花壇を整備していると、3時間目の授業のために外に出てきた3年生と4年生が、作業をしてくれている先生たちに「ありがとうございます!」と声をかけていました。優しい子がたくさんいることも、九重小の宝です。
3年生は、理科で「地面のようすと太陽」について学習しました。遮光版を使って太陽の位置を調べ、自分たちの影ができる方向との関係を、2人組で確認し合いました。「反対になるんだね。」2人が指さす方向が反対になることを、しっかり体感することができました。
4年生は、体育で「からだつくり運動」に取り組みました。フラッグフットボールを使って投げる運動を十分にしてから、走る運動に取り組みました。臨時休業のため、少し体力が落ちてしまっている子供たちを考慮しての学習メニューです。
2年生も、体育の学習に取り組んでいました。運動会の並び方を確認していました。「前へ

ならえ!」先生の合図に合わせててきぱき動くことができていました。今週から運動会練習も本格的に始まります。みんな、がんばれ!

Translate »
タイトルとURLをコピーしました