オンライン発表会で 合奏を聴き合って

1年生が、算数で「3つのかずのけいさん」の学習に取り組んでいました。問題は「バスにいぬが3びきのっています。つぎのバスていで、いぬが2ひきのります。また、つぎのバスていで4ひきのります。いぬはみんなでなんびきになりましたか。」問題の中に3つも数が出てくるのは初めてのため、どんな式にしたらいいか、子供たちは一生懸命考えていました。
2年生は、ひらがなとカタカナの読み書き検査を行いました。担任の先生だけでなく、多くの先生たちが検査を手伝ってくれるため、短時間で子供たちの学習の様子を見取ることができます。子供たちも集中を切らすことなく、読み書きの検査を受けることができました。
5年生は、社会科の学習に取り組んでいました。課題は「日本の地形、都道府県名を覚えよう」。地図帳や資料集を使って、奥羽山脈、信濃川といった山脈や河川の名前をワークシートにどんどん書き入れていました。だれもが、熱心に課題に取り組んでいました。
6年生が、音楽で「オンライン発表会」を行いました。ずっと練習を積んできたラバーズコンチェルトの合奏発表会です。音楽室で演奏する1組の様子をビデオ撮影し、それをオンラインで2組が教室で鑑賞しました。そのあとは2組の演奏を1組が鑑賞しました。以前なら、一つの教室にみんなが集まって聴き合っていましたが、様々なことを考慮して、オンラインで行いました。友達の演奏を聴いて、画面越しに拍手を送っている6年生の雰囲気が、とっても素敵でした。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました