震度5弱以上の地震が発生した場合の対応について

茨城県南部及びその周辺地域に大きな地震が発生し,報道機関(テレビやラジオ等)でつくば市が震度5弱以上と発表されたとき,下記のような対応をいたします。ご理解とご協力をお願いいたします。

なお,緊急対応の連絡は,緊急メール情報配信システムにて発信します。

1.登校前に,震度5弱以上の地震が発生した場合

・自宅待機とします。学校からの連絡が入らない限り,自宅待機を続けてください。

2.登校時・下校時に,震度5弱以上の地震が発生した場合

・児童は,安全な場所に待避します。揺れが収まったら,保護者が家庭にいるかいないか,学校に近いか自宅に近いかなどにより,待機先を判断して移動することとします。

 <保護者が家庭にいる場合> 学校に近い場合は登校して学校待機,自宅に近い場合は自宅に戻り自宅待機とします。
<保護者が家庭にいない場合> 登校して学校待機とします。

・保護者は,お子様と通学路を一緒に歩いて安全な場所を確認し,登下校途中で待避できる場所を話し合っておいてください。また,自宅に戻るか登校するか,基準となる場所も決めておいてください。

・通学路にある110番の家も確認しておき,困ったときには助けを求められるようにしておいてください。

・保護者は,可能な限り,通学路で待避している児童を確認しながら,徒歩にて迎えをお願いいたします。

・地震発生時に在校の児童及び登校してきた児童については,保護者または「引き渡しカード」に記載されている緊急時児童の引受人の方にのみ引き渡します。

3.在校時間中に,震度5弱以上の地震が発生した場合

・直ちに授業等を中止し,児童を安全な場所に避難させます。

・学校からの連絡の有無にかかわらず,保護者の迎えによる引き渡しとします。2の場合と同様に,保護者または「引き渡しカード」に記載されている緊急時児童の引受人の方にのみ引き渡します。