地域と連携して学校の防災力を高めるために

本日は、光輝学園4校がZOOMでつながって「第2回光輝学園学校防災連絡会議」を実施しました。国土交通省国土技術政策総合研究所から長屋和宏氏を講師に招き、今回は「避難所開設」についてのワークショップを行いました。ワークショップ形式だったので、葛城小が避難所になった時に、500人の居住スペースをどう確保するか、立ち入り禁止場所や食料・物資配給所をどこにするか等を自分たちで具体的に考えました。また、「市から遺体安置所の設置を要請されたら」とか「東京からのツアー客40名を1晩泊めてほしいと要望があったら」等のさらなるミッションについても考えました。学区内の区長さんや消防、コミュニティースクール、地区安全サポーターの方々にもご参加いただき、みんなで災害の際に地域ができることを考える有意義な時間になりました。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました