届け!僕たち,私たちの熱い思い!

運動会のプログラム13番は,5・6年児童による「かつらぎソーラン2019!」です。例年3~6年生で取り組んでいたソーランですが,今年は5・6年生でチャレンジします。毎時間の始めと終わりに,どんなソーランにしたいか,どんなふうに練習に取り組んでほしいか,6年生のソーラン実行委員が中心となって,自分の言葉でみんなに伝えてきました。また,5・6年生がお互いの演技を見せ合い,さらによいものにしていくために話合いもしてきました。

踊りの基本は5月10日第1回の練習時に筑波大学斬桐舞のメンバーの皆さんから教えていただきました。その後練習を重ね,エンディングのポーズや掛け声のタイミングなども実行委員を中心に意見を出し合い,かつらぎソーランをつくり上げてきました。

最高学年として踊る今年のソーランへの意気込みは素晴らしいものがあります。6年生の思いがこもった舞に是非ご期待ください。