調理実習「美味しいゆで卵をつくろう」

5年生の教室からお届けします。

朝から,昨日行われた「ヤゴ救出大作戦」で救出したたくさんのヤゴの世話をし,活気あふれる教室です。

2.3時間目には,家庭科の「はじめてみようクッキング」の単元で,美味しいゆで卵にチャレンジしました。

3分,5分,10分,15分のゆで時間の違いで,卵はまるで違う料理のようにおいしさを変えることに気付き,「3分のとろっとしたところがおいしい。」「わたしは,5分の黄身の色がグラデーションになっているところがきれいで好き。」「ぼくは,料理のレパートリーが広がる10分のゆで卵が気に入った。」と,はじめてのクッキングに夢中になっていました。

美味しくて幸せな時間でした。「家族に作ってあげたいな。」楽しみにしていてください。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました