道徳の学習(4~6年)

4年生は,長く道徳の教科書に採用されている「お母さんのせいきゅう書」を通して,家族が協力し合うことの大切さについて考えました。6年生は「義足の聖火ランナー」という資料を通して,苦難に屈することなくよりよく生きていこうとする尊さについて考えました。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました