午前5時間制

午前5時間制 ~With & Afterコロナ対応カリキュラム・マネジメント~

コロナ対応(休み時間10分) ※中休みなし,昼休み20分

午前

40分授業

朝の会 10 8:10 8:20
1校時 40 8:20 9:00
休み 10 9:00 9:10
2校時 40 9:10 9:50
休み 10 9:50 10:00
3校時 40 10:00 10:40
休み 10 10:40 10:50
4校時 40 10:50 11:30
休み 10 11:30 11:40
5校時 40 11:40 12:20
午後

20分授業(学習タイム)
40分授業
60分授業(学習タイム+6校時)

給食,歯磨き 50 12:20 13:10
清掃 15 13:10 13:25
連絡帳 5 13:25 13:30
昼休み 20 13:30 13:50
予鈴 13:45
学習タイム 20 13:50 14:10
6校時 40 14:10 14:50
帰りの会 10 14:50 15:00
授業時間 260 15:10門施錠
7校時(クラブ,委員会) 45 15:05 15:50
16:00門施錠

 

午前5時間 時間割編成 ~教育内容と「時間」という限られた資源の効果的な組み合わせ~

生活や学習のリズム確立

  • 集中力の高い午前中に、5単位時間分の学習を行うことができる。(一単位時間:40分間)
  • 生活習慣(早寝、早起き、朝ご飯)の定着を図ることができる。

児童の学びの実態や学習内容に対応した弾力的な時間割の設定

  • 午前5時間制は授業時数に余裕があるため、週時程を変更することなく、新学習指導要領に対応することができる。
  • 20分間の「短時間学習」を設定し、基礎的・基本的な知識・技能の定着を図ることができる。
  • 児童の実態や学習内容を踏まえつつ、60分間の「長時間学習」の設定を弾力的に行い、学びの質を高めることができる。

指導計画の工夫、指導体制の確保、業務環境の整備等

  • 単元や題材などの内容や時間のまとまりの中で、指導計画上の位置付けを明確にして、弾力的な授業時間を設定することができる。
  • 生み出した放課後の時間を、校内研究(算数)・校内研修、会議や学年会、教材研究の時間等に活用することができる。

 

<引用・参考資料>

  • 目黒区教育委員会(2018).午前5時間制で小学校が変わる!
Translate »
タイトルとURLをコピーしました