4年生:のこぎりを使って角材を様々な形に切り分けよう

図工では、「トントンつないで」という単元で、工作の勉強をしています。

本時の目標は、「のこびきの向きを工夫しながら、長さや形が異なるように角材を切り分けること。」です。

本日は、学校支援ボランティアの方にも協力していただきました。切り方について優しく教えもらいながら、難しい部品をのこぎりで切って作ることができました。
友達同士でも切り方を教え合って、工夫しながら切り分ける児童の姿が見られました。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました