「万が一への備えを!」シェイクアウト訓練

 

本日は、つくば市の事業所や学校、家庭が参加する「シェイクアウト訓練」に本校も参加し、地震が起きた時の避難訓練を行いました。校内や通学路の危険な場所を話し合ったり、避難の方法を考えたりした後、放送による避難訓練が開始され、安全な行動をとる活動を行いました。最後に、振り返りを行うと、「自分の身は、自分で守らなくちゃ!」、「万が一、を考えるのは大切」などの声があり、真剣に訓練に臨む様子がうかがえました。

「シェイクアウト」とは、「地震の揺れに備えろ!」という意味で、地震が起きた時のかけ声をイメージした造語です。この訓練は、市内一斉に訓練を行うことで危機意識を高め、地域みんなで地震に備えようとするものです。

今日、9月1日は、防災の日です。ご家庭でこの訓練を話題にしていただき、避難の仕方や、集合場所など、もう一度確認してみてはいかがでしょうか。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました