つくば市では、電子黒板でプレゼンテーションを行って10年以上たちます。平成25年度からは、つくばスタイル科のカリキュラムの中にも電子黒板を活用したプレゼンテーションを組み込み、協働力、言語活用力、思考・判断力、プログラミング的思考、知識・理解力、創造力、社会力の向上に取り組んでいます。

今年度のつくば市プレゼンテーションコンテストには、2300を超える応募があり、その中から選出された16作品の中に東小3年生の学習部門「学校のまわりをたんけんしよう」が選ばれました。11月22日(金)につくばカピオで市長賞発表会が行われ、3年生4人がたくさんの人の前で、素晴らしいプレゼンテーションを披露しました。