3年生、昔の道具を体験しました。

 社会科の「古い道具と昔のくらし」の単元の学習で、洗濯板を使って、自分の靴下やタオルを洗いました。洗濯板でごしごし洗い、すすいで干すまでの工程は、1枚洗うのにも時間がかかりました。「すごーい、よごれがおちた。」「水がにごっている。」と子供たちは、きれいになった洗濯したものをみて、満足気でした。

洗濯機のないころのことを考え、昔の人たちの生活は本当に大変だったんだと、あらためて気付いたようです。体験するって大事ですね。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました