理科の単元「植物をそだてよう」では、ヒマワリ、ホウセンカ、オクラを育てました。種はいくつくらいできたかなど予想を立てると、「80こ以上!」「200こくらいかな。」と子供たち。うれしそうに班ごとに種取りが始まると、子供たちの予想をはるかにこえて、なんと1000個以上も・・・。1つの種からヒマワリの花が咲き、実ができたと思ったらたくさんの種ができたことに子供たちは驚いていました。たくさん種ができたから、誰かにあげたいなと話していました。来年は、あちらこちらにヒマワリが咲いているかもしれませんね。