つくば洞峰学園リーダー講習会

先日の8月7日,つくば洞峰学園リーダー講習会を開催しました。本校,小野川小,二の宮小,谷田部東中の児童会および生徒会が一堂に会して,真剣に語り合いました。

まず,洞峰学園が目指す学園像としてASAGAO(アサガオ)の活動の提案が谷田部東中学校の生徒会からありました。ASAGAOとは,目指す学園像の言葉の頭文字をとったものです。例えば,Aは「ありがとうの言える」Sは「さわやかなあいさつのできる」などで,私たちの学園の課題を的確に捉えた学園のスローガンが提案されました。

次に,学園像を具体化するための解決策を話し合いました。児童会も生徒会も自分の学校を超えた学園全体のことについて,どのように取り組むことで学園像が具体化されるのか頭を悩ませながら真摯に考え,議論を尽くしました。また,どの案が実現可能かという視点で捉え直しながら,実際の取り組みへと広げていくための方法を模索していきました。

東小児童会の児童は,初めとても緊張した面持ちで戸惑っていましたが,次第に緊張もほどけ夢中になって学園内の他の学校の児童と話合いを進めていきました。終始とてもいきいきした表情で,充実した活動が展開されました。活動を終えて,東小の児童会に話を聞くと,「普段は聞くことの出来ない他の学校の話を聞くことが出来てよかった。」「中学生の話の聴き方や,話の進め方が本当に素晴らしかった。」など,普段出来ない体験に感動し,さまざまなものを吸収して大いに学びを深めた様子が見られました。児童会長は,「この経験を生かして今後の児童会の活動を進めていきたい」と意欲を燃やしていました。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました