6年生 つくばスタイル科 環境に関する親子学習会

7月11日の土曜日授業では「ストップ!地球温暖化~私たちにできることは何だろうか」と題して,環境に関する親子学習会を行いました。

4月の単元の始めに筑波大学教授の山中勤先生の出前授業を受けて,児童達は地球温暖化についての調査を始めました。つくばスタイル科の授業ではこれまでに,地球温暖化の原因やその影響について調べ,地球温暖化の防止に向けて自分達ができる取り組みとしてエコアクションを実践してきました。また,地球温暖化を防止するためにどのように行動することが望ましいのか,自分達で課題を見付けそれらを解決しながら学習会へ向けて準備を進めていきました。

教室やオープンに分かれ,タブレットPCでスタディノートにまとめた内容を示しながら,学習会に参加してくださったお家の方に向けて,地球温暖化を防止するためにできることを提案しました。児童達が提案したことについて,お家の方は様々な視点から意見や質問をして活発に地球温暖化防止についての思いや考えを交流していました。講師の山中勤先生は,児童達の発表や交流の様子を見て講話をしてくださいました。そこで,地球温暖化防止のために必要な視点として「自分達にできるエコアクションを習慣化すること」「自分達の世代のことだけで考えるのではなく,全ての世代の人々が関心をもって取り組むこと」が重要であると伝えてくださいました。

環境に関する親子学習会を通して,児童達は新たな課題を発見し,次なる自分達の活動に意欲を高めていました。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました