5年生:宿泊を伴う共同学習(1日目)~友達と協力して活動できました~

6月14日(火)、15日(水)に、土浦市の「中央青年自然の家」にて宿泊学習を実施しました。
14日(火)の午前中は、校外学習として、実験植物園と食と農の科学館に行きました。子ども達は、植物や食のさまざまな不思議に触れながら「いろいろな形や大きさのサボテンがあってびっくり!」「無人で畑を耕せるなんて、AIの進化ってすごいな」と驚きの声をあげていました。
午後からは宿泊施設へ移動し、山ビンゴを行いました。子ども達はグループに分かれ、広いエリアをグループで探索しました。夕食後は、厳かな雰囲気の中でキャンドルファイヤーが行われました。第2部では子ども達が考案した出し物が披露され、とても楽しい時間を過ごしました。

この共同学習のねらいは次の4つです。
・日常生活では体験できない友人とのふれあいを通して、お互いの良さを発見し合い、集団としての信頼感、連帯感を深める。
・協力性・責任感・公共心など社会の一員として大切な資質を養い、集団の一員としてのマナーや態度の向上を図る。
・活動計画の企画・実践を通して、自主・自立の心を培う。
・自然のすばらしさにふれ、自然の美しさに感動する心や、自然を大切にする心を養う。

「マナー・責任・協力」のあいことばを意識し、1人ひとりが自分の仕事に責任をもって取り組むことができた1日でした。また、自然を楽しみながら、友達と協力して取り組む素晴らしい姿が数多く見られました。これらの1日目の反省を生かし、2日目に向かいました。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました