5年生:役割演技をしたよ~国語科「問題を解決するために話し合おう」~

5年生の国語科では、休校期間中のOnline授業で学習した内容を確かめるために、司会者や学級会の参加者の役割演技をしました。感染予防を意識して、マスクをし、ドーナツ型で行うグループ活動です。何回か役割をかえながら演じることで、どんな話し方をすればうまく話がまとまるのかを体感できたようです。

今回の学習のねらいは、次のとおりです。
・役割演技をすることで、どうすれば「意図を明確にしながら話し合う」ことができるか気付く。

次の回では、グループで決めた議題について実際に話し合います。国語での学習をいかして、よりよい学級会につなげられるようにしていきたいです。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました