3月10日(水)

ごはん,牛乳,ひたちぎゅうのしぐれに,だいこんとツナのサラダ(かおりごまドレッシング),つくばのめぐみみそしる

今日の給食では,常陸牛のしぐれ煮に茨城県産の牛肉を使っています。茨城県の自然豊かな土地で,農家の方がエサや飼育方法にこだわり,心を込めて牛を育てています。肉が柔らかくて,とてもおいしいのが特徴です。茨城県では牛だけでなく,豚や鶏,魚,野菜,果物といった,たくさんの食材が作られています。農家の方が心を込めて作った食材ひとつひとつに感謝しながら,味わって,残さずに食べましょう。

≪食育の視点(4)感謝の心:茨城県産の常陸牛を感謝の気持ちを込めていただこう≫

Translate »
タイトルとURLをコピーしました