3年生 昆虫の観察

学校の周りを見回すと、タンポポやシロツメクサなどが見られます。
しかし、昆虫となると、なかなかたくさんの種類をじっくり観察することはできません。

そこで、「ミュージアムパーク 茨城県自然博物館」から、昆虫の実物標本と、拡大展示されたカブトムシ、セイヨウミツバチをお借りして、虫眼鏡を使って観察しました。
普段は自然の中で動き回り、ゆっくり細かい部分まで観察することのできない昆虫たちに、子供たちは大興奮。虫眼鏡を使って体の裏側や、足の先までじっくり観察して、観察カードをつくりあげました。

普段見ることのできない昆虫たちについて、深く知ることのできる体験だったと思います。

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました