給食の感染症対策の取組みについて

6月8日から給食が再開しました。配膳時の感染リスクを減らすため、サラダ1品減らしからスタートし、今後段階的に通常給食に戻ります。

給食センターでは、目標の栄養基準値に近づけ、子供たちの楽しみとなる給食にしたいと、具だくさんの汁物にしたり、デザートの回数を増やしたりと工夫をしました。

子供たちに安全な給食を提供するために、学校ではどのような対策が必要かを考え,市内の栄養教諭が作成した資料と動画をもとに、全教職員が事前に研修を行いました。
給食初日には、手順を一つひとつ確認しながら、落ち着いて準備・片付けをすることができました。

動画と資料を「学校からのお知らせ」の「全学年共通」に載せましたので,ぜひご覧ください。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました