77年がたちました

世界で原爆が最後に使われてから77年が経ちました。

77年前の午前11時2分。

この瞬間から、私たちは二度と核兵器が使われない世界を望む国民として何ができるのかを考える義務を負ってきたのだと思っています。

そして、77年、日本は何ができたでしょうか。

今日の長崎市長の長崎平和宣言のことばが、とても力強く心を打たれたので紹介します。

広島市市長の言葉といい、長崎市市長の言葉といい、自分がいかに傍観者としての日々を過ごしてきたのかを痛感しました。平和の祈りを彼らだけに任せてきてはいないか・・・・

日本に生まれ、教員という立場にある自分の責任を振り返る1日でした。

 

毎日暑い日が続きます。

お盆が近づき、祖先に思いを寄せる時季です。じっくり新聞やニュースに耳を傾けてみてください。

 

ちなみに、長崎市市長の平和宣言は長崎市のホームページから検索できます。

広島市市長の平和宣言は広島市のホームページにあります。

それぞれの都道府県、市町村のホームページを見比べるのもいいかと思います。

いつも残念なのは、この時期に生徒のみんなに会えないこと。

平和について、核兵器についていろいろ話をしたいです。

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました