上手に悩むために

本日は7年生を対象に、スクールカウンセラーの先生に「上手に悩むために」という題で、講話をいただきました。

講話の中で、「一人で解決できることは限られている。上手に助けを求める力が大切です」という話があり、『悩みを共有する大切さ』や、『心の不調のサインの見極め方』を伝えてくださいました。

一生懸命メモを取りながら聴く生徒もいました。

生徒は、この先どこかで立ちはだかる「悩み」を、消化しながら生きていく方法を学んでいました。

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました