英語で道案内「道で困っている外国人観光客を見かけたら?」

9年生の外国語の授業で,道案内についての英語での表現を学びました。どのペア・グループも生き生きと英語で会話することができました。

「東京2020」が延期され,現時点では外国人観光客も少ない状況ではありますが,日本に観光に訪れる外国人観光客を想定し,自分たちにできる道案内や声かけなどを取り入れ,英語でのスキットづくり(寸劇)を行いました。

互いの距離を保ちつつ,オリジナルのスキットを作成しして練習し合う姿は,人とのつながりを大切にする優しい雰囲気に包まれていました。

アイコンタクトや身振り手振り,相手の声を聞く姿勢は,とても重要なスキルです。英語の授業だけでなく,他教科でもこの身に付けた力を活かしていってほしいと思います。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました