12月17日、「クラシックを遊ぶ音楽実験室」をテーマに芸術鑑賞会が開かれました。

ピアノとバイオリンのデュオによるコンサートです。「剣の舞」や「G線上のアリア」など様々なクラシックを聴かせてもらいました。

また、新幹線を作っている会社に特注で作った、アルミニウム製のピカピカのバイオリンの登場に歓声が上がりました。そのバイオリンを使って「線路は続くよどこまでも」の演奏をしてもらい、音の違いを楽しみました。児童が知っている曲やクイズなど観て聴いて楽しい音楽教室となりました。