5年生の算数で,平均を学習しています。
その応用として,平均の考え方を使って自分の歩はばを求めました。
その後に,学校内の様々な長さを歩測で求め,実際に長さと比べる活動を行いました。
33mの廊下の長さをだいたい当てることが出来た児童も多く,とても役に立つと感じられました。