献立:みそラーメン 牛乳 ぼうぎょうざ ひじきのサラダ(青じそドレッシング) りんご

今日の給食では,デザートに「りんご」がつきました。2年生の国語の教科書に「絵を見てお話を作ろう」という教材があります。クマとウサギが山にりんごを取りに行き,たくさんのりんごが実っている木を見上げている様子を見て,お話を作る勉強をします。りんごは大きな木だと自然の状態では1000個以上の実がつくそうです。しかしお店で販売されているような,おいしくて大きな実のりんごを作るために,農家の方の大変な努力があります。

確実に実をつけさせるために,花が咲いたら花に他のりんごの木の花粉をつける作業を行います。その後,たくさんの小さな実がつきますが,このままおいておくと,たくさんの小さなりんごの実になってしまうので,20~30個の実の中から,よい実を一つだけ選んで残し,他は摘み取ってしまいます。そして,残った実を大きく育てます。そんなにたくさん摘み取っても,順調に育てば,1本の木から100個以上の実を収穫することができるそうです。

今日のりんごは,とても甘くておいしかったです。子どもたちも喜んで,食べていました。