「生徒の手による学校行事の運営を通して,生徒の自主性の向上を図る。」

これは今年のスポーツフェスティバルのねらいです。生徒主体のスポーツフェスティバルでは,時に想定外の問題が発生します。しかし,それを生徒一人一人が理解し,どうすべきなのか各自が考え行動することで,真の意味で生徒主体のスポーツフェスティバルが実現します。
進行が遅れ,保護者の皆さまにはご心配をおかけしましたが,特に中心になって活躍した実行委員の生徒たちの成長は目を見張るものがありました。この経験が最後の創明祭,最後の音楽祭に生かされていくはずです。教職員一同これからも9年生の成長を支えていきたいと思います。応援ありがとうございました。

借り物競争も棒引きも生徒の手で企画され実現しました。特に部活動対抗リレーはこれまでにない競技でした。
竹中のスポフェスには予行がありません。入場行進も入退場の練習もありません。決められた通りに動くだけの発表会ではないのです。この伝統はこれからも後輩たちに引き継がれていきます。9年生は竹中のスポフェスに大きな足跡を残しました。

生徒主体のスポーツフェスティバル