技術・家庭科の技術分野では,小学校の図画工作の工作につながる授業を展開します。しかし,ただものづくりをするのではありません。7年生の最初の2時間はガイダンスです。1時間目には教室にあるものからアイディアを見つけます。2時間目には自宅で探した身近な製品のアイディアを,班のメンバーに,代表生徒にはクラスのメンバー全員にプレゼンしてもらいます。生徒は,自分たちの生活を支える全てのものに様々なアイディアを見つけることになります。そして,多くの生徒がこの活動を通してはじめて設計者の意図に気付くことになります。

そうです,それを人は「技術」というのです。英語でいうなら「Technology」です。

あらゆるものが人間の創造的な活動によって生み出されてきました。しかし,それは突然生み出されたものではありません。多くの試行錯誤を積み重ね生み出されたものです。そして,それなしに私たちの今はありません。私たちの未来も技術なしには語れないのです。竹園東中の技術・家庭科技術分野では,この学習を8年生の最後には現実の特許を調べ発表する活動につなげます。そして,9年生の最後には身近な製品の問題点を考え,改善するアイディアを考える再発明の授業につなげる予定です。知的財産という考え方の価値を多くの生徒が実感をもって理解することができるように全力を尽くします。

3年間の授業を通して「新しい何かをそこに加えることができる人になってほしい」そう願っています。

「技術」は人間の創造的な活動により生み出された