秋の作品展に向けて色を塗る練習を始めました。今年は3年生で育てているヒマワリを題材とした水彩画に挑戦します。

まずは葉と花の色見本を作りました。葉の緑色や花の黄色なども赤色や茶色などを少しずつ混ぜて計16色塗り分けます。子供達は微妙な色の変化を作り出すのに,最初こそ時間がかかりましたが,慣れてくると微妙な色合いの違いを生み出せるようになりました。

そして,作った色見本を実際にヒマワリと比べてどの色に近いか比べました。「この色に近いかな」などとつぶやきながら色を比べていくなかで,自然の作り出す色合いの奥深さを感じ取ってもらうことができました。