本日は読み聞かせスペシャルありがとうございました。題材は「セロ弾きのゴーシュ」,リハーサルを重ねただけあって,すばらしい読み聞かせの世界を展開していただきました。ナレーターや主人公のゴーシュ,三毛猫やカッコウ,狸の子,野ネズミの親子のセリフに合わせた素晴らしいチェロとピアノの演奏,モニターに映る色鮮やかな挿絵は,宮沢賢治の世界が見事に再現されていました。また,その後のチェロ・バイオリン・ピアノのアンサンブルもその音色にうっとりとしてしまいました。なので,チェロに興味津々な子や,宮沢賢治の本をまた読んでみようという子も多く,なによりも,終わった後,音楽室の曇りガラスに「最高」と指でかかれていたのが,とても印象的でした。