つくばスタイル科の「身近な季節の変化」を観察する学習で,近隣公園に冬を探しに行きました。

池一面に張った氷に驚いたり,周囲の木々に落葉しているものが多いこと,また虫がほとんど見られないことを不思議に感じた児童が多かったようです。

中には花のつぼみを見つけ,冬の寒さの中で春の準備をしていることに感心している児童もいました。

春から同じ公園を観察することで,身近な動植物の変化をしっかり実感することができたようです。