道徳の教科化に向けたワーキンググループ研修講座

Print Friendly, PDF & Email

65日(火),茨城大学教授小川哲哉先生をお迎えし,「道徳の教科化に向けたワーキンググループ研修講座」が行われました。

小川先生には,これまでの経験を踏まえ,社会的背景との関わりや,道徳教科書検定など,教科化にまつわる様々な視点をお話いただきました。その中で,教科化施行となり,私たちはどのような視点で,どんな授業を行う必要があるかを模擬授業スタイルでご教授いただきました。特に,「考え・議論する」ということにおいて,課題に対し,二極対立を見える化することで議論が必然として生まれることもご示唆くださいました。

また,必ず最後は体系化する(道徳では自己の価値観を振り返る)ことの大切さをお話頂ました。先生方が実際に授業をされ,そこでの課題をもとに継続的にご指導いただき,授業力向上を目指していければと思います。