授業参観でICT活用【茎崎第三小学校・秀峰筑波義務教育学校】

Print Friendly, PDF & Email

4月28日(土),市内では授業参観が行われていた学校がたくさんありました。

茎崎第三小では,6年生の授業でmicro:bitを使ったつくばスタイル科の授業が行われました。地球温暖化について考える授業の一環で,環境に優しい扇風機を自分たちでプログラミングしてみようというものです。

この日は,まずグループごとにどんな扇風機がいいかを考えて発表し,続けてふたりひと組で,実際に扇風機を動かすプログラミングを練習をしました。子どもたちはいろいろと話し合ったり試したりしながら,いきいきとプログラミングに取り組んでいました。また,参観していた保護者からは,「いまの時代に即した,このような新しい取り組みがこの先の人生に役立ってくれれば」という声が聞かれました。

 

秀峰筑波義務教育学校では,株式会社エルモ社さんからご提供いただいた書画カメラを使った授業がありました。児童生徒たちがノートに書いた考えをモニターに投影し,教室内ですぐに共有できます。参観していた保護者からは,「電子黒板などが使われていて,よりわかりやすくなっていると思う」といった声が聞かれました。