特別研修「社会力を構想する」

Print Friendly, PDF & Email

2月20日(水),つくば市総合教育研究所にて,「特別研修 社会力を構想する」が行われました。講師は門脇厚司つくば市教育長で,昨年の12月に刊行された著書『社会力を構想する』をもとに講話をいただきました。

「先生自身が授業を楽しむことが大切である」,「矜持(きょうじ)ある教員とは?」,「自分の目の前にいる子ども達のこれからの人生を見通す眼をもつこと」,「地域に貢献できる先生とは」などの言葉や問い,今こそ教育の抜本的な意味を考える時期ではないだろうかという示唆もいただいたことで,私たち教師も自ら考えて行動するきっかけとなる研修会となりました。