8年社会「外国船の出現と天保の改革」の中で、江戸幕府の外交政策は、国内や国外からはどのように見られていたかについて学習を深めていました。