学校沿革史


明治12年 6月13日 第33学区大形小学校東覚院を仮教場として創立
明治25年 7月16日 大形尋常小学校と改称
明治33年11月20日 校舎新築開校式挙式
昭和16年 4月 1日 大形国民学校と改称
昭和22年 4月 1日 小田村立大型小学校となる
昭和30年 2月 1日 筑波町立大形小学校となる
昭和39年 2月 2日 校歌制定
昭和49年 3月20日 プール完成
昭和54年 3月25日 敷地拡張、鉄筋3階新校舎完成
昭和54年 9月30日 創立100周年記念式典挙行(校章・校旗)
昭和55年 6月24日 ボランティア普及事業協力校完結(3年間)
昭和56年10月20日 県指定勤労教育研究完結発表会開催
昭和60年 花とほうきの県民運動優良賞受賞
昭和61年2月25日 体育館完成
昭和63年1月31日 つくば市立大形小学校となる